« 時は満ちた | トップページ | 高名の木登り »

2008年9月26日 (金)

Because it is there.

かつてジョージ・リー・マロニーは

「あなたはなぜ山に登るのか」

の、問いに対し

「そこに山があるからだ」

と、答えたという

 

 

マラソンが好きな友人がいます

アチコチの大会で走っています

 

なぜ好んで苦しい思いをして走るのか

理解に苦しみます

 

でも聞くと、

ゴールした時の達成感が

 

「たまらない」

 

だそうです

 

 

勿論、タイムや

順位も大事ですが

とにかく

完走した時の充実感が

 

「たまらない」

 

だそうです・・・

 

 

 

 

山にも

高い山、低い山、険しい山・・・

登山道もいろいろあります

 

とにかく山頂をめざして登ります

そして、その頂きに立った時・・・

 

この達成感は登った者のみが味わえます

 

そして、その道のりが

険しければ険しいほど

苦しければ苦しいほど

それを乗り越えた時には

より大きな達成感、満足感、充実感

が得られるのでしょう

 

 

そのマラソン好きの友人が言った

 

長~い上り坂が見えて

もうあきらめようかと思った時

沿道の人達が大きな声で

手を振って応援してくれた

 

もうこれ以上走れないと思ったけど

その声援を聞いたら

不思議と走る力が湧いてきた

 

ゴール間近の直線で

今度こそもうダメだ

棄権しようと思った時

背中をそっと支えてくれた人がいた

 

一人で走ってはいたけれど

周りの多くの人達の

応援や支えがあって

はじめて完走できたんだなって

 

Hyu3b0  

 

 

|

« 時は満ちた | トップページ | 高名の木登り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごくいいブログ話でした・・・

きっとたけちゃんは、今、達成感・充実感・満足感を存分に感じてるんでしょうね・・・

しかし、よく頑張ったよ・・・

健夫の心が、人を仲間を動かした・・・

それは、絶対に間違いない・・・

第45代筆頭は最高の筆頭です!

残り数ヶ月、まだまだ後輩達の心を、筆頭ワールドに引き連れてあげてね・・・

(ついでに私も・・・)笑

投稿: 抜け殻・・・。 | 2008年9月26日 (金) 07時54分

最高のHIT言でした。
いつもありがとうございます。
「筆頭ワールド」自分もお供させていただきたく思いますが・・・
お付き合いできない時は、若いN村Sげくんがお供すると思います・・・?

投稿: め○め | 2008年9月26日 (金) 13時12分

久々によかった!
感動しました
全体事業も本当にありがとう
予定者の時から話し合って
険しい道のりだったけど
その分達成感は格別だねやっぱ

投稿: ぴろ | 2008年9月27日 (土) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514158/24025022

この記事へのトラックバック一覧です: Because it is there.:

« 時は満ちた | トップページ | 高名の木登り »